保険無料相談サービスを利用する場合、利用するサービスによって形態やサービス内容が違う為注意が必要です。

また、保険無料相談サービスには業態が店舗型と面談場所を指定する訪問型の2つがありますが、今回は店舗型の保険無料相談サービスについて解説します

 

店舗型保険無料相談サービスの特徴やメリット

店舗型の保険無料相談サービスは、生命保険に関わる契約内容や新規に契約する際にどんな保険内容がいいか等の相談を、WEBサイトから予約できた日時で指定の店舗に来店し、その日に割り当てられた担当者に話を聞いてもらうサービスです。

店舗型のメリットは訪問型と違い、店舗型の場合は指定の店舗に来店するだけなので気兼ねなくサービスを利用する事ができる点です。

また、店舗により小さいお子さんがいる家庭の方の場合チャイルドスペースがあり、お子さんを気にせずゆっくり相談する時間を作る事ができるのがメリットです。

 

店舗型保険無料相談サービスのデメリット

店舗型保険無料相談サービスは店舗で行っているサービス内容にもよりますが、担当者が専門のFPでない場合があり、将来的な人生設計まで含めた形で提案がもらえない場合があります。

その為、現状の希望に合わせて形での提案になり、老後を含めた今後のライフプランに合わせた提案を受けにくいシステムで、担当者に当たりハズレがあります。

また、再度来店が必要になった場合に、同じ担当者と話ができない場合もあります。

保険相談内容の引き継ぎはされますが担当者によって保険に対する考え方も違いがある為、受けるアドバイスの内容が変わる場合があり、混乱して何がいい保険なのか迷ってしまうデメリットがあります。

 

店舗型保保険無料相談サービスについてのまとめ

店舗型保険無料相談の特徴は気兼ねなく相談ができるところですね。

私は最終的に、訪問型の専門FPさんが提案してくれた複数の保険会社のプランを組み合わせる形で決定しましたが、選択する際は色々な意見があるので、非常に参考になりました。

特に新規での契約でそこまで補償も必要としないできるだけ安い保険がいい方にとっては、うってつけの保険無料相談サービスだと思います。